田副暢宣事務所のスタッフが、異業種交流会、パーティー、イベントについてのニュースをまとめました。

草分け「丸の内朝飯会」/ 東京

顔ぶれ多彩1500回

(1996年7月23日、朝日新聞)

会社や組織単位ではない異業種交流会の草分け的存在といわれる「丸の内朝飯(ちょうはん)会」が、発足から32年で1,500回を迎えた。職業、性別、世代の違う仲間が30以上も毎週必ず午前7時半に集まる……。忙しさに明け暮れる大都会・東京にあって、継続自体が価値のあるものだった。やはり業種を超えて集まっているほかの会も一緒に、先ごろ合同の集いを開いた。

専門分野や体験談に耳を傾ける
出席は30人が限度

朝飯会は毎週木曜日、東京駅構内のレストランでテーブルを囲む。メンバーが交代で「これは面白い」という人を毎回ゲストに呼び、朝食をとりながら専門分野や体験談に耳を傾ける。1996年現在の会員は約100人。人数が多過ぎると討論にならないので、出席するのは毎回30人を限度にしている。

大手企業のOL、公務員、銀行員
大学教員、画商、写真家

顔ぶれは多彩だ。一部上場会社の社長から大手企業のOLや課長、公務員、銀行員といった組織人から、大学教員、画商、写真家、歴史研究家といった個性派人間も多い。

だから、ゲストが話すテーマも様々だ。この1年だけでも、不況の克服から、上杉鷹山、マルチメディアビジネス、農協、砂漠の緑化、宝くじ事情まで、あらゆるテーマがならぶ。発表後は質疑や討論で盛り上がり、午前9時までの1時間半はあっと言う間に過ぎる。

政党・宗教色、会則、役員ないない尽くし
年会費ゼロ

政党・宗教色、会則、役員、年会費、すべて排除のないない尽くし。ゲストへの謝礼さえない。世話役、経営コンサルタント市原実さん(53)は「有名人を呼ぶ金がないのも事実ですが、市井の方こそ熱心に話してくれる」という。過去のゲストには、まだ無名なころの評論家らの名前もある。

パワー・ブレックファースト

「丸の内」は、アメリカ流のパワー・ブレックファーストとも違う。ここで得た人脈を仕事に結びつけようと欲張る人はまずいない。「純粋に知的好奇心を満足させたいという思いが優先しているようですよ」と市原さん。「人脈は結果にすぎない。出会いの素晴らしさが人生を楽しくしている」と別の会員も話す。

ケネディ大統領暗殺

朝飯会は1963(昭和38)年、堀添勝身さん(57)=財団法人ユース開発協会理事長=が7人で始めた。衛星中継で伝わったケネディ米大統領暗殺のニュースがきっかけだった。当時25歳。情報時代の到来を確信し、「自分たちなりに情報を消化していける場を持たなくては」と痛切に感じてのことだ。

新たな会員を募らない

こうした考えが、組織以外の人脈を広げたいという要望とも合い、会員は自然に増えた。心苦しいが、今は新たな会員を募らない方針だ。

なぜ集まりづらい時間帯なのか

それにしても大半のサラリーマンがまだ自宅にいるか出勤途中という、集まりづらい時間帯にわざわざ会合を開くのはなぜか。

1日の始まりに発想を広げる

それは、バブル華やかなりし頃盛んに催された異業種交流会が、最近あまりその活動が聞かれなくなったことと関係がある、と堀添さんは言う。「多くは夜の宴席とともに催されます。夜は会社関係など様々な会合が重なり、次第に出席できなくなる。逆に、朝は起きるのがつらいのは確かだが、出席するんだという志ひとつだけあれば、遮るものは何もない」。市原さんは「1日の始まりは人の話を聴き発想を広げるのに適している。夜は疲れもあってはやり注意力散漫になりますよね」と話す。

大阪市や横浜市、石川県、山口県

32年間で、転勤や転居で首都圏から地方に移り住んだ会員も多い。そうした人々が各地で朝飯会を増殖させている。1996年7月21日に「つくば博の会」「つくばガリバー会」「東京無意味の会」「アークの会」などと合同で開いた懇親会には大阪市や横浜市、石川県、山口県など全国各地で旗揚げした朝飯会の世話人たちも駆け付けた。

アジア各国で平和を語り合う

堀添さんはさらに、朝飯会をアジア各国に広げようとしている。夢は大きい。「こうしたネットワークが広がるのも平和のおかげ。朝食事を取るという多くの民族に共通の習慣をキーワードに、アジア各地で平和を語り合う朝飯会をつくっていきたい」という。

50代がメンバーの中心

発足から30年をへて、当初から所属する50代がメンバーの中心世代。課題は、スムーズな世代交代だという。

全国出会いフェスタ

東京・新宿区の日本青年館で

(2004年2月5日、毎日新聞)

都会と農村の若者交流
チェンジ・ライフ

都会と農村に住む若者の交流を中心に、さまざまな出会いの場を作る「全国出会いフェスタ~わたしのチェンジ・ライフ」が東京都新宿区霞ケ丘町7の日本青年館で2004年2月21~22日に開かれる。

日本青年館結婚相談所
家の光協会

見知らぬ土地に暮らす人や、異業種の人のさまざまな生き方に触れ、自分の生活を考え直す機会にしてもらう目的で、2000年から毎年1回開き、今年で5回目。日本青年館結婚相談所と社団法人・家の光協会(東京都新宿区)の共催。

ジャーナリスト江川紹子さん

2月21日は午前10時から、ジャーナリストの江川紹子さんが「夢の探し方」をテーマに講演。昼食をはさんで、午後1時半から、シンポジウム「わたし流チャレンジ」を開く。

パーティー形式の交流会
30代フィリピン人女性

宮城県の漁師や長野県のリンゴ農家の男性、東京で飲食店を開業した起業家の女性、日本人と国際結婚し、生活や文化の違う日本で暮らしてきたフィリピン人女性のいずれも30代の人がパネリストになって話す。その後、参加者同士が気軽に話せるコーナーや夕食、パーティー形式の交流会も開く。

定員は約100人
20~30代の人を対象

2月22日も前日に引き続き、参加者同士が話すコーナーなどを設ける。定員は約100人でおおむね20~30代の人を対象にしている。

出会いを楽しんで

日本青年館結婚相談所の坂野直子さんは「さまざまな出会いを楽しんでほしい」と呼びかけている。

申込方法

申し込みは郵便番号、住所、名前、年齢、職業、電話番号(ファクス、Eメールがあれば書く)、支払い方法(振り込みか、当日)、参加形態(宿泊か、宿泊なし)と参加費を書き、〒160-0013東京都新宿区霞ケ丘町7の1の同結婚相談所に郵送するか、Eメールに。 締め切りは2004年2月18日(必着)。

参加費

参加費は1泊2日(2月21日昼食、夕食、交流会、22日朝食を含む、宿泊は同青年館)が1,1000円。宿泊なし(21日昼食を含む)が1,050円。

東京で“兵庫県営”高級サロンが人気

不況知らずで会員1,200人突破

(1994年4月12日、朝日新聞)

幹部や行政マン

兵庫県が民間企業とタイアップして、東京・八重洲に開いた高級会員制サロンが、不景気風をよそににぎわっている。客層の中心は、兵庫と関係の深い企業の幹部や行政マンたち。“半公営”のサロンを舞台に、人脈を広げ、仕事や生き方のヒントをつかんで、リストラ時代を生き抜こうというニーズが、人気の背景にあるようだ。

「ひょうご倶楽部・東京」

東京駅から徒歩5分。ビルの8、9階にある「ひょうご倶楽部・東京」(中央区八重洲)のドアを開けると、カウンターバー付きのラウンジやホールが広がる。内部は約350平方メートル。淡いグレーとグリーンで統一され、豪華な雰囲気だ。

情報交換と交流

「地元からの情報発信だけでは情報化時代に対応できない」と考えた兵庫県が、民間企業とタイアップして1992年7月にオープンさせた。圧倒的に情報量が多い東京に打って出て、兵庫と東京の経済人や行政マンらに情報交換と交流の場を提供、併せて地域の活性化にも役立てようという戦略だ。

個人は入会金20万円、年会費8万円

会員制で、法人会員は入会金50万円(個人は20万円)、年会費16万円(個人は8万円)もする。〈多くの人に低料金で〉という公共施設づくりの発想からかけ離れているのに、会員はすでに1,250人を突破した。

会議室
神戸牛、神戸ワイン

会議室は、中小企業の会員たちが社内会議に使う機会が多いそうだ。経営者が兵庫出身だったり、兵庫の物産を扱ったりと、どの会社も兵庫とかかわりが深い。ビジネスランチを食べながら商談を進め、夜は名物の神戸牛や神戸ワインで客を接待する会員も多い。

人脈づくり

人気の理由は、もちろん「ここに来るたびにいろんな情報や話題が入るし、フランクな人脈づくりもできる」(会員の1人、鈴木昭男・神鋼電機社長)点。

宮内淑子

倶楽部内には、県のPR冊子などはほとんど置かれていない。「兵庫の事業計画とか観光名所情報などの地元PRより、少しでも多くの人と交流できる出会いの場としての企画に力を入れています」と、10人の女性が働くひょうご倶楽部を切り盛りする宮内淑子さん(41)=コミュニケーション・ビューロー代表=。

交流パーティー
異業種交流会や文楽愛好会など

講演会や会合が終わると交流パーティー。若手の異業種交流会や文楽愛好会などがこうした付き合いから生まれている。ビッグ会談(黒川紀章氏と牛尾治朗氏など)、市・町トップセミナー、マスコミ関係者との交流会なども開催した。

篠田正浩
民放アナウンサー

1993年11月には、民放アナウンサー出身の宮内さんの人脈を生かし、映画監督の篠田正浩さんら16人で構成する「21世紀ナビゲーターズ・コミッティー」を発足させた。具体的な政策提言をまとめ、県政に生かしてもらうという。

宮内さんは「この倶楽部から新しい波をおこしたい」と、張り切っている。

社会人の異業種交流10年

大阪北区で記念セミナー

(2002年2月20日、読売新聞)

ネットワーク「PI-JAM」
味気ない名刺交換会とは異なる

大阪市で活動する社会人の異業種間交流ネットワーク「PI-JAM」が発足10周年を迎え、2002年2月28日に北区で記念セミナーを開く。会員のほか、様々な業界から講師を求め、仕事や趣味などを語る手作りセミナーを続けてきた。異業種間交流会はバブル期に盛んだったが、ビジネス目的だけの味気ない名刺交換会も多く、先細りに。その中で異業種間交流ネットワーク「PI-JAM」は、仕事や利害を抜きに交友関係を大切にしてきた。開催したセミナーには延べ2,700人が参加した。

講師は会員やその友人

中小企業診断士の西村英明さん(39)(神戸市)が事務局を担当し1991年11月に発足。1度セミナーに出席すれば会員になれ、20~40歳代のビジネスマン、OLらが参加。セミナーは月1回、北区で行い、85回を数えた。講師は会員やその友人が手弁当で務める。

DJ、税理士、製鉄会社人事部

例えば、「もっと自分を表現しよう」をテーマにしたセミナーの講師はDJ。「税金と100倍楽しくつきあう方法」は税理士、「劇場への招待」は元劇団助手、「リストラ最前線からの報告」は大手製鉄会社人事部員など、〈その道のプロ〉が担当した。
活動は口コミで広がり、似顔絵師や華僑、元青年海外協力隊員など、個性派講師も続々と集まるようになった。

ライブハウス
歌舞伎鑑賞

セミナーの後のパーティーでさらに交流を深め、趣味の合う者同士で歌舞伎鑑賞やライブハウスなどに出かける「部活動」も生まれた。阪神大震災の時は会員同士で被災者を支援した。

新しい出会いで広がる世界
土地家屋調査士

「新しい人と出会って世界が広がり、わくわくするうち、10年がすぐ過ぎた」と、西村さん。発足時から活動してきた土地家屋調査士(38)(神戸市)は、「どのセミナーも味わい深かった。さらに新たなジャンルの講師を開拓したい」と話している。

梅田
現代医療

10周年記念セミナーは2002年2月28日午後7時から、北区梅田一のリクルート渡辺ビルで。大学付属病院の内科医が「クローズアップ現代医療」と題して話す。参加費1,000円。

仕事の後は婚活バーへ

もっと!ヨクバリージョ 女が結婚を変える

(2009年2月15日 朝日新聞)

六本木
35歳へのカウントダウン

35歳へのカウントダウンが始まった。東京都中央区に住む金融系会社員の女性(34)は、昨秋からほぼ週1回、六本木の「婚活バー」に通う。

会員制バー
大人の男女の出会いの場

「大人の男女の出会いの場」をうたう会員制のバー。スタッフが男性客に引き合わせてくれる。こんな風に。

「よかったら、男性の席へ移りませんか」

自然な出会い

インターネットで見つけ、お見合いパーティーや結婚相談所より「自然な出会い」ができそうと考えた。4~5人の男性と連絡先を交換したが、まだ「実り」はない。

年上でシングルの魅力的な女友だち
出産を考えると・・・

必要とされる充実感があって、仕事は面白い。パソコン教室やゴルフ、料理など習い事で週末の予定は来月までギッシリ。好奇心が多いだけ。ガツガツしているつもりはない。「年上でシングルの魅力的な女友だちも多い。ただ出産を考えると、やっぱり35歳までに結婚したい。あえて自分に婚活を課さないと、このままいってしまいそう」

30代女性の3人に1人が未婚
未婚率、30年前に比べて女性は4倍

最新の国勢調査(2005年)によると、都内の30代女性の3人に1人が未婚だ。男性も半数が独身。全国では30年前より女性は4倍、男性は3倍に増えた。かつて職場や親兄弟、地域が果たしていた「出会い誘導機能」は衰えた。

原則予約制

「婚活バー」は見事に波に乗った。

好みの異性の年齢や容姿、職業
身元保証に名刺や身分証明書の提出

2008年4月に開店。店側は会員登録カードから、好みの異性の年齢や容姿、職業などを把握する。身元保証に名刺や身分証明書の提出も求める。原則予約制で、男性のテーブルに合流した女性の飲食代は男性が払う。

エグゼクティブマネジャー
婚活という言葉も知らなかった

店のエグゼクティブマネジャー、本多有太さん(37)は「初めは婚活って言葉も知らなくて。正直言うと、キャバクラみたいに女性に人件費を払わず利益率がいいかなぐらいの考えでした」と話す。

女性会員が急増
会員数4,000人超

2008年秋ごろからテレビや雑誌で「婚活バー」と騒がれ始め、女性会員が急増した。当初は2対1だった男女比はいま、男性4、女性6。会員数も4,000人を超えた。

働く女性

ブームの担い手は、圧倒的に働く女性だ。2009年1月末のある夜は、女性客15人、男性5人。テーブルを移る女性の背中を、ほかの女性たちの視線がじっと追った。

夫の扶養に入らない
結婚に向けた「スキルアップ」

「夫の扶養に入る気も、仕事を辞める気もない。収入が低くても人生を一緒に戦ってくれるパートナーがほしい」

キッパリ語るのは、三重県伊勢市の銀行員(29)。2009年1月下旬、三重県松阪市内で開かれた恋愛コミュニケーション講座に同僚と参加。その足で、津市の「異業種交流会」にも顔を出した。営業職で会話も得意。でも恋愛は別だ。結婚に向けた「スキルアップ」が必要と感じる。「ずっと1人じゃ不安だし、子どももほしい。結婚したい」

エクシオジャパン
「共働き賛成派」のパーティー

全国各地でお見合いパーティーを開くエクシオジャパン(横浜市)では「共働き賛成派」のパーティーが人気。育児休業明けの女性社員(29)の発案で2007年に4回開いた。2008年は10回。2009年も増やす。

干場弓子ディスカヴァー21
「オンナの面子(めんつ)」も関係

「『婚活』時代」の出版元、ディスカヴァー21の干場弓子社長は「オンナの面子(めんつ)」も関係すると指摘する。「バリバリ働く女性はモテないという偏見には、結婚指輪が『葵(あおい)の御紋』のように効く。仕事も結婚も子育ても、すべてこなすロールモデルを増やさないと、仕事熱心な若い女性が悲観する。女性は狩りに出るべきなんです」

白河桃子

<「『婚活』時代」共著者・白河桃子さんの話> 

婚外子が50.5%のフランス

「子どもを持ちたい」と願う日本の女性は結婚しないと子どもを持ちにくい。婚外子が50.5%のフランスとは事情が違う。出産できる年齢は限られる。婚活は立派な少子化対策です。私自身に子どもがいないので「なるべく多くの女性に子どもを持ってほしい」との願いもあります。

3組に1組は離婚

いまどき、自分より身長も収入も高い男性に巡り合える確率は少なくなっているし、3組に1組は離婚します。この大不況時代に、夫が働き、妻が家に入る結婚はリスクが高すぎます。「稼げること」は、これからの婚活で女性の最大の武器。女性は本気で稼ぎ、男性の頼もしいパートナーになることが大切です。

婚活ビジネス大盛況

商議所が「モテ講座」・ホテル参戦 【名古屋】

(2009年6月20日、朝日新聞 名古屋夕刊)

パートナー探し
いずこも満員御礼

ヨメ探しでもムコ選びでもなく、「婚活(結婚活動)」。そんなパートナー探しが広く知れわたり、市場を狙ったビジネスが百花繚乱(ひゃっかりょうらん)だ。商工会議所が開くモテるためのマナー講座も、有名ホテルが仕掛けるお見合いパーティーも、いずこも満員御礼だ。

巧みな話術は不要
最初と最後のあいさつが肝心

「自己紹介の練習をします。巧みな話術は要りません。肝心なのは最初と最後のあいさつ。さあ、どうぞ」

自己紹介

35人ずつの男女がペアになって自己紹介を始めた。

初めて「婚活」の一言をチラシに使用
問い合わせ殺到

2009年6月上旬、名古屋商工会議所が開いた「独身限定! “また会いたい”と思わせるモテ講座」の一場面だ。3回目の2009年、初めて「婚活」の一言をチラシに使ったところ、問い合わせと申し込みで事務局の電話は鳴りっぱなし。応募は227人を数え、計40人の定員を70人に増やした。

家庭と仕事の両立を応援

「家庭と両立しながら、仕事でも輝きたいという向上心を応援したい」と名古屋商工会議所大曽根支部長の中島豊さん(59)。

婚活をテーマに新企画
女性用講座や婚活パーティー

名古屋市西区のホテル「ウェスティンナゴヤキャッスル」も、2009年5月から次々と婚活をテーマに新企画を打ち出した。似合う色やファッションを教わって外見を磨く女性用講座があれば、婚活パーティーもある。

ゴルフ合コンを企画
県内外から参加

結婚支援会社「オンリーワン・スペース」(津市)は5月下旬、三重県伊賀市で結婚を目的としたゴルフ合コンを企画した。「オンリーワン・スペース」によると、県内では初めて。男女24人が、名古屋市や関西地方も含む県内外から集まった。

婚活は不況を救う
独身男性は財布のひもが固い

名古屋商工会議所の婚活講座で講師を務めた正門律子さん(33)は、自ら営むマナー研修会社でも婚活講座を始める。「婚活は不況を救う」と息巻く。「独身男性は財布のひもが固いが、彼女ができればデートで車も借りるし、映画を見て外食もする。結婚が決まれば結婚式に新婚旅行。その先にはベビー用品。婚活を応援したい」と話す。

女性が積極的
「仕事も家族も」

婚活市場は、圧倒的な「女性過多」が特徴だ。名古屋商工会議所の講座は応募者227人の7割が女性。正門さんは言う。「婚活ブームは女性への追い風です。自ら行動しないと結婚できないという現実が認知された」

働く女性へのコンサルティング
「婚活支援」も相談

自己PR法のコンサルタントとして活動する大洲早生李さん(30)は、働く女性へのコンサルティングに際し、「婚活支援」も相談されるケースが増えているという。

理想のパートナーに出会うには

豊田市の女性会社員(32)は3カ月間、大洲さんのコンサルティングを受けた。「私はこれをやっているという自負を持つために、働き続けたい。子どもを産んで幸せな家族も持ちたい」と相談する女性に、大洲さんは質問した。「パートナーはどんな人がいいですか」「どうしたらその人に出会えると思いますか」

とりあえず実行

異業種交流会への参加、周囲への協力依頼--。質問への答えを、女性はとりあえず実行した。すると急にデートに誘われる回数が増えた。「自分の殻を破れたみたい」と女性。その後、友人だった年下の男性と付き合い始めた。

恋愛セミナー
自分を見つめること

人材開発会社「エ・ム・ズ」(名古屋市)は2009年5月に恋愛セミナーを始めた。秋田稲美社長は「恋愛や結婚の悩みと向き合うことは自分を見つめること。会社や地域の人間関係にも応用できる」。

応援事業、市も拡充
昔ながらの「嫁探し」

過疎や後継者不足を抱える地域の昔ながらの「嫁探し」にも、婚活ブームにあやかる動きが目立つ。

婚活ブームはチャンス
離島の漁師と都会の女性

三重県鳥羽市は2009年度、離島の漁師と都会の女性を結びつける事業の対象を、鳥羽市内全域の男性に広げた。回数も年1回から2回に増やした。鳥羽市の人口は23,000人弱でピーク時の1960年から8,000人近く減った。鳥羽市企画財政課の中村菊也課長補佐は「婚活ブームはチャンス」と話す。

少子化対策の縁結びプロジェクト
選挙のマニフェスト

結婚支援に熱心な市長も出てきている。三重県松阪市では、2009年1月に当選したばかりの山中光茂市長が選挙のマニフェストに「少子化対策の縁結びプロジェクト」を盛り込んだ。松阪市主催のパーティーを予定している。愛知県東海市の鈴木淳雄市長も、3選した4月の選挙で「30代男性の未婚率を30%に下げる」と数値目標を定めた。最新の国勢調査では39.9%。若者が結婚しない原因究明から始める。

キーワード

<婚活>
 親や世間が結婚をせかさず、若者の雇用も不安定な現代は、就職活動のように結婚活動が必要だと訴えた2008年出版の『「婚活」時代』(山田昌弘、白河桃子共著)で広く知られる言葉となり、ブームの火付け役になった。その年の流行語大賞候補にもなった。

2009年はNHKとフジテレビ系が婚活をテーマに連続ドラマを制作。

国籍や人種超え

110人が温か交流 敦賀

(2002年2月16日、福井新聞)

「新春のつどい ふれあい交流会」
参加者は手料理などを持参

敦賀市内に住む外国人と親ぼくを深める「新春のつどい ふれあい交流会」が2002年2月14日夜、敦賀市桜町のきらめきみなと館で開かれた。参加者は各国自慢の手料理などを持ち寄ってパーティーを楽しんだ。

2年に1度開催
約110人が参加

敦賀対外友好協会(会長・河瀬一治市長、74団体)が2年に1度開いている。中国人やフィリピン人ら外国人40人と、敦賀対外友好協会の会員ら計約110人が参加した。

ポットラックパーティー形式
会話や料理を楽しむ

自慢の料理などを持ち寄るポットラックパーティー形式で開かれ、参加者はテーブルの間を行き来してにぎやかに交流。国際交流太鼓「ザ・ハート・ビート」の演奏のほか、カラオケで自国の歌を披露する参加者もおり、国籍や人種を超えて、会話や料理を心行くまで楽しんでいた。